看護部

認定看護師紹介

活動内容

研修修了者は、専門性を活かした実践、相談、教育を主とした活動を行っています。

  • コンサルテーションを受けての直接的な看護実践
  • 看護師からのケアに関する相談、アドバイス
  • 定期的な学習会の開催
  • がん看護 リンクナースの育成  など。

定期的に認定看護師会を開催し各分野の活動や情報交換の場とし、安全で効率的な活動のための連絡調整を行っています。

認定看護師より一言

がん化学療法看護認定看護師 古谷友起

がん化学療法を受けられている患者さんやご家族が、安全に安心して治療を受けられるように副作用や治療に関することなどの相談をお受けし、治療へのサポートをしています。また、日々進化しているがん治療に対応できるよう、リンクナースの教育をはじめ看護師教育に取り組み安全・確実な看護の実践、他職種と連携しチーム医療の実践を目指していきたいと思います。

がん性疼痛看護認定看護師 平泉京子

がん性疼痛看護認定看護師は、がんによって生じる痛み(がん性疼痛)を有する患者さん、ご家族に対し、苦痛を和らげるための方法を看護チームの中心となり、スタッフと共に考え、実践する役割を担っています。主観的な患者さんの痛みを、全人的な痛みとして正確に据え、疼痛を緩和するためのケアを提供できるよう努めています。他職種と連携し、がん性疼痛ケアの質の向上を目指していきたいと思います。

緩和ケア認定看護師 阿比留玲子

緩和ケアとは、慢性疾患や腫瘍などを含む、さまざまな疾患に伴う身体と心の辛さを少しでも和らげ、患者さんやご家族がより豊かに生活を送ることが出来るようにサポートする事を言います。
私は緩和ケア認定看護師として、患者さんやご家族が大切にしていらっしゃる事が護られるよう一緒に考え、支援していきたいと思っています。

皮膚排泄ケア認定看護師 志岐真由美

皮膚排泄ケア認定看護師は、褥瘡などの創傷管理およびストーマ、失禁等の排泄管理、患者・家族の自己管理およびセルフケア支援を行っています。褥瘡の予防、できてしまった褥瘡の早期治癒、またストーマを保有している方や排泄障害のある方の不安を解消するために最適なケアを提供します。質の高いケアが提供できるよう、日々努力を重ねています。

新生児集中ケア認定看護師 中尾チエ

新生児集中ケア認定看護師は、言葉で表現することのできない新生児の代弁者となるように、集中ケアはもちろん発達促進的、個別的ケアを実践する役割を担っています。新生児が穏やかで気持ちよく過ごすことができるように、スタッフとともに頑張っています。また生まれてすぐに離れ離れとなり不安や戸惑いの中にいるご両親に、不安の緩和や親子関係確立への支援を行います。新生児とその家族にとって最も良い看護が提供できることを目指しています。

感染管理認定看護師  今江 利香 

感染管理認定看護師の役割は、在宅から急性期まで『医療関連施設を利用する患者・家族・訪問者の方、現場で働く全ての人を感染源から守ること』となっています。
  ◇感染を引き起こす環境を作らない
  ◇感染が発生しない為の情報を共有する
  ◇感染に関する相談に応じて問題解決へと繋げる
私はこれら3つの活動を通じて、感染の輪を断ち切る事で『快適な療養生活が送れる』 『快適な職場環境で業務が出来る』ように、皆様のご協力のもと日々努力したいと思います。

がん性疼痛看護認定看護師 岡崎典子

がんに罹患された患者さんは、体の痛みや心の痛みなど、複雑に絡み合う様々な痛みを抱えています。がん性疼痛を有する患者さんに対して、全人的な視点でアセスメントを行ない、ひとりひとりにあった疼痛緩和ケアを提供し、患者さんやご家族の生活の質をより高められるよう支援していくことが、がん性疼痛看護認定看護師の役割です。患者さんやご家族の苦しみに寄り添い、「その人らしく生きる」ことができるようなサポートを大切に考えています。また、病棟スタッフの相談できる存在として、多職種と関わりながら活動しています。