看護部

各部署紹介

5階東 / ホスピス緩和ケア病棟

5階東 / ホスピス緩和ケア病棟

患者さんや家族との出会いと「今、この時」を大切にして、思いに寄り添ったケアを提供できるよう様々な専門職とボランティアが活動しています。単に看取りの場ではなく、症状コントロールやアロママッサージ、音楽会、スピリチュアルケアなどの心のケアに積極的に取り組んでいます。また、在宅ケアクリニックとの連携を図り、その人の希望に応じた緩和ケアの実践を目指しています。 詳しくはコチラ!

5階西 / 一般病棟(回復期)

集合写真

急性期を脱した患者さんを対象とし、在宅復帰もしくは介護施設への入所がスムーズにできるよう援助しています。特に、嚥下訓練に力を注ぎながら、日常生活全般の安全・自立・QOLの向上を目指し、その人らしい生活支援を中心とし、日々、奮闘しています。
詳しくはコチラ!

4階東 / 一般病棟(急性期外科系)

4階東 / 一般病棟(急性期外科系)

当病棟は40床で構成され、診療科は外科・整形外科・内科を主とした急性期病棟です。

患者層は、外科的治療、化学療法、腹部血管造影を受ける患者が中心です。看護体制は固定チームナーシングです。

卒後2〜5年目の若いスタッフが半数を占め、忙しい毎日ではありますが、専門的知識や技術の向上が図れるよう努力しています。

4階西 / 一般病棟(急性期内科系)

急性期の内科疾患の患者さんを対象とし、主に血液内科・糖尿病の教育入院を中心としています。また、クリーンルーム、陰圧室を設け感染に対する知識を含め、幅広い看護が求められていることを視野に入れ、スタッフ全員が学ぶ姿勢を大切にしています。正直、忙しい毎日ですが、「明るく・元気」ということがなによりも自慢です。
こんな私たちと一緒に楽しみながら看護を学んでみませんか?スタッフ一同で皆様との素敵な出会いをお待ちしております。詳しくはコチラ!

3階東 / 周産期・小児科

3階東 / 周産期・小児科

産婦人科・小児科等の病棟です。助産師の専門性を活かした助産師外来、マタニティヨガ、母親教室を通じて、安全なお産に取り組んでいる他、産後も母乳外来、2ヶ月検診を行い、産前産後の一貫したケアを実現しています。また、同じフロアにあるNICUのスタッフと連携し、他施設からの緊急の母体搬送やハイリスクの妊婦さんを受け入れ、地域の周産期医療の充実に努めています。是非、私達と一緒に働いてみませんか?

NICU

NICU

私達が大切にしていること!

私達看護師は、小さな赤ちゃん達のサインを的確に受け取り、それぞれに適した看護の提供を心がけています。さらに、安全と安楽が少しでも図れるように、侵襲性の少ないケアを行う努力をしています。赤ちゃんひとりひとりを尊重し、成長・発達段階に応じた療育環境やケア過程を調整するためディベロップメンタルケアを取り入れています。

HCU

HCU

HCUでは、重症・術直後の患者さんのケアにあたっています。日々患者さんの状態が変化する中で、私達にできる精一杯の看護を行なっていますが、患者さん自身の生きる強さを教えられています。その一番つらい時期を共に乗り越えた喜びが原動力となっています。

外来

内科系・整形外科・小児科など様々な外来診察室をはじめ、外来化学療法室を包括し、運営を行なっています。看護師は「がん化学療法看護認定看護師」を始め、さまざまな役割をそれぞれが担い活躍しています。また、CART療法や顆粒球吸着療法を外来で行い、入院から外来へとシフトし、患者さんのQOLが向上するよう積極的に努めています。
詳しくはコチラ!

消化器センター

S__34529291

消化器センターは2階フロアにある「消化器内科外来」「消化器外科外来」「内視鏡室」、そして地下1階にある「放射線室」を含む管轄を総称しています。外来看護と内視鏡看護、そして放射線室での看護と、さまざまなスキルを必要とする部署です!
詳しくはコチラ!

手術室

手術室

手術室は3室あり、手術件数は年間約550~600例、外科・産婦人科・婦人科・整形外科の手術を行っています。 外科では腹腔鏡手術全般・乳がん手術、産婦人科では低出生体重児をふくむ帝王切開術、婦人科手術では良性疾患への腹腔鏡手術、整形外科では骨折をはじめ人工関節置換術や脊椎手術を行っております。
患者さんが不安なく、かつ安全に手術が行われるように、全症例に対して術前訪問と術後訪問を実施し、少数精鋭ながら最高のチーム医療ができるように日々取り組んでいます。
詳しくはコチラ!