看護部

手術室紹介

 

看護師さん大募集中 募集要項はこちら

手術室は、こんな場所にあります。だけど・・・


手術室は地下1階、エレベーター降りてやや奥に歩くと、入り口が見えてきます。
どこか「ひっそり」と「怖い」ような印象があるかもしれません(鉄の扉が余計にそう思わすのかな・・・)。
しかし、目立たない場所だからこそ「元気に明るく、丁寧な職場づくり」に、全員で取り組んでいます!

私たち、手術室看護師(オペナース)です!


看護師は約10名程度で構成されており、業者への物品手配をふくむ手術の準備から術前術後訪問、手術中の看護(直接看護師・間接看護師)、そして手術の後片付けに伝票処理、とオールラウンダーとしてのシゴトを行っております。


医師「メス!」看護師「ハイっ!」、医者「汗っ!」看護師「ハイっ!」・・・
いざ手術室看護師として働いてみると、こんなセリフだけじゃないことがよくわかります。

「治りたい」「治したい」
その緊張感で張り詰めた手術室だからこそ、手術室看護師ひとりひとりが「元気に明るく、丁寧な職場づくり」に取り組んでいます。

 バプテスト病院だからできる、理想の看護(シゴト)


計3部屋あり、そのうち1室は「人工関節手術」などを実施できる「清浄度クラスⅠ(高度清潔区域)」となり、ハイスペックな環境を完備しております。

「外科」「産婦人科」「婦人科」「整形外科」が主な対象科となり、外科では腹腔鏡手術全般・乳がん手術・ヘルニア手術、産婦人科では低出生体重児をふくむ帝王切開術、婦人科手術では良性疾患への腹腔鏡手術など、整形外科では骨折をはじめ人工関節置換術や脊椎手術など、限られた科目でも多岐にわたる手術を実施しております。また、局所麻酔対象手術も積極的に手術室で実施するできるように努めております(年間総手術件数:550~600件)。

当然、手術室なので、直接患者さんと接する術前術後訪問はじめ、手術術式についての勉強や手術に使う多くの器械を覚えるコト、他病棟とスムーズな連携をとるためのルール作りなどなど、たくさんのシゴトを少数精鋭で担っています!

環境づくり、それは立派な看護


できるだけ、多くの患者さんに手術室を利用して頂けるように工夫を凝らしています。
帝王切開がメインの手術室の扉には、季節に応じたペイントを。待合室には、安心してお子様が待つことが出来るように、キッズスペースや塗り絵・折り紙などを準備しております。

そして、帝王切開に際しては「ご主人の立ち会い」も実施しており(諸条件あり)、共に幸せな空間を過ごしていただける様に努めております。

もちろん、働く看護師に対しての「環境づくり」は大切です。
スタッフの誕生日には、みんなでケーキでお祝い。特殊器械に対しては、肩の力を抜いた勉強会開催。積極的な長期休暇導入など、できるだけ「閉鎖空間でのストレス」に配慮しています。

手術室で一緒に看護(シゴト)しませんか?


勤務体制は基本的に「月~金の日勤:8:30~17:10」となります。
病棟看護師には「夜勤」があるように、手術室看護師には「待機勤務」があります。
その待機ですが、毎日3名待機となり、土日祝祭日は「待機料増量」となります。

 

緊張と緩和の手術だから成長できる!一緒に働きませんか?
手術室での勤務を目指している新人看護師さんも大募集中です。

募集要項はこちら

 

まずは病院見学からでもどうですか?
ご連絡頂ければ随時対応させて頂きます。お待ちしております!

お問い合わせはこちら

 

看護部動画にてホスピス緩和ケア病棟紹介も詳しくしております!
 手術室はあまり映っていないのですが、当院の雰囲気は十分にわかっていただけると思います!

動画はこちら