看護部

消化器センター

 

看護師さん大募集中 募集要項はこちら

消化器センターは2階!たくさんの部署を含みます!


消化器センターは2階フロアにある「消化器内科外来」「消化器外科外来」「内視鏡室」、そして地下1階にある「放射線室」を含む管轄を総称しています。
外来看護と内視鏡看護、そして放射線室での看護と、さまざまなスキルを必要とする部署です!

私たち、消化器センターナースです!


看護師は約12名程度で構成されており、おおよそ担当は決めていますが、「今日は内視鏡」「今日は外来」といったアサイメントを立て、部門にとらわれないオールラウンドの活躍をしています!

「先生!胃カメラお願いします!」「◯◯さん、こちらへどうぞ~!」「お大事に!」
「検体出ます!」「こっちお手伝いお願いします!」
毎日毎日、たくさんの検査や処置があるからこそ、チームワークが大切です。

半数以上の看護師が育児中やパート勤務など、様々な勤務条件。
だからこそ、「働くみんなで助け合い」を意識して、毎日やりがいと充実感で満たされています!

 バプテスト病院だからできる、理想の看護(シゴト)


消化器内科は2診、消化器外科も2診。外来クラークと共に連携をとり、外来運営を行います。そこでは、点滴や処置の介助、入院手続きや手術に対する説明など、多くの業務を担います。

内視鏡室は3ベッドあり、上部・下部内視鏡をはじめ、ESDやEMR、EUS、EVL、PEG、止血術など多くの処置も実施しております。その各検査に対して、情報収集から検査介助、請求手続きまでを行います。
また、内視鏡検査の説明は外来で行いますが、「消化器センター看護師」は内視鏡業務に従事しているので、より詳しく・より的を得た説明を行うことができ、配置に無駄がありません(現在、消化器内視鏡技師免許習得看護師2名在籍)。

放射線室では主に「造影」の際の「バイタル測定」「穿刺」「観察・異常時対応」になります。
また、ERCPや消化管ステント留置術・拡張術、イレウスチューブ留置、Angio、PEIT、RFAなど、内視鏡業務と連動した展開が求められ、ここでも「消化器センター看護師」として、広い範囲での医療・看護知識が求められます。

内視鏡部門は特に忙しい!

消化器センター内でも、内視鏡部門において検査件数は年々増加しております。
人間ドックや地域連携室経由の紹介患者さんが増加している影響もあります。

広い知識を求められる部署ですが、特に内視鏡検査に関する看護知識は重要です!

より円滑に、より安全安楽に、そしてまたバプテスト病院に来ていただけるような、そんな看護ができるよう、消化器センター看護師全員が高い意識で働いています!

消化器センターで一緒に看護(シゴト)しませんか?


勤務体制は基本的に「月~金の日勤:8:30~17:10」「土曜日:8:30~12:30」となります。
手術室看護師と同様に「待機勤務」がありますが、連休や年末年始のみと限定的待機勤務となります。

 

外来看護と内視鏡看護が一度に発揮できる!一緒に働きませんか?
消化器内視鏡技師免許を目指している看護師さんも大募集!

募集要項はこちら

 

まずは病院見学からでもどうですか?
ご連絡頂ければ随時対応させて頂きます。お待ちしております!

お問い合わせはこちら

 

看護部動画にて病院・看護部がわかります!
 消化器センターとしては映っていませんが、当院の雰囲気は十分にわかっていただけると思います!

動画はこちら