スタッフ紹介

ホスピスボランティア

ホスピスボランティア

ホスピス病棟では、傾聴、ティーサービス、お花のお手入れ、音楽療法、アロマセラピー、ドックセラピー、アートセラピーなどの様々な ボランティア活動をしています。

2017年度 ホスピスボランティア募集についてはコチラ

ボランティアからのひとこと

ホスピスのボランティアは、1日1日を大切に自分らしく生きる患者さんの気持ちに寄り添いながら、少しでも良い1日を過ごしていただけるようにお手伝いをする役割を持っていると思います。

ボランティア自身にとっては、患者さんとふれ合うことで学ぶことがたくさんあります。今後も人として成長しながらボランティアみんなで、より良い活動を続けていきたいと思います。

(後藤)

ホスピスボランティア

ホスピスでのアロマセラピーの役割は患者さんやご家族に香りとタッチングで心地よい時間を提供することだと考えています。
患者さんが選択した『香りと共にいる』大切な時間、セラピストは施術を行いながら、お話に耳を傾けたり、時には感情を受け取ったり、言葉にならないこころのメッセージを感じることもあります。
ホスピスでの活動を通して患者さんと接することで私達は多くのことを学びます。これからもその学びを成長に替え、更に多くの患者さんにお返ししていきたいと思っています。

(櫻井)

ホスピスボランティア ホスピスボランティア

月に一度、ホスピスでアートセラピーをさせて頂いて居ります。アートセラピーとは、うまいへた関係なく自由に絵を描いたり、物を造ったりする事です。
最初、制作に戸惑われる方も、気がつけば時間を忘れ童心に還ったように没頭されています。またアートは形に残るので、出来た作品をご家族、ご友人の方々等に見てもらえる事も良さのひとつです。
ご自身で体験しそれを他の人と共有共感できる…、アートの持つ力と皆さんの無限の可能性を毎回感じさせて頂いて居ります。
このひと時が患者さんやご家族皆さんの笑顔や喜びに繋がっていけたらと切に願って居ります。

(斎藤)