消化器内科

診療内容

消化器内科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸までの消化管と、肝臓・胆嚢・胆管・膵臓といった腹部臓器に生じる疾患を対象としています。胃癌・大腸癌・肝癌・膵癌などの悪性疾患のみならず、ピロリ菌に関連した胃炎・胃十二指腸潰瘍、クローン病・潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患、ウイルス性肝炎・肝硬変や総胆管結石・膵炎などの肝胆膵疾患といった消化器の病気全般の診断と治療を行っています。
内視鏡部門では消化管癌の早期発見に努め、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)などを積極的に行っています。また、総胆管結石・悪性胆道狭窄に対するドレナージ術・截石術も行っています。肝臓部門では肝臓癌に対してはラジオ波焼灼療法(RFA)やエタノール注入療法(PEI)などの局所療法を施行し、肝動脈塞栓療法(TACE)も積極的に施行しています。進行した消化器癌に対しては当院消化器外科および京大病院がん薬物治療科と連携をとり最新の化学療法に取り組んでいます。