リハビリテーション科

診療内容

リハビリテーション科では、病気やケガによって身体に障害を負った患者さんが「私らしい」生活を取り戻すことができるよう、全人医療に基づいた医療を提供致します。

当院リハビリテーション科は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士で構成されています。整形外科疾患、中枢神経疾患、内科疾患、小児疾患と幅広く、様々な疾患に対して、発症や術後翌日からの急性期リハビリテーションをチーム医療で展開しています。急性期におけるリハビリテーション医療として、地域の各医療機関と連携を図り、患者さんのQOL(生活の質)を向上できるように取り組んでいます。

外来リハビリでは、変形性膝関節症、変形性股関節症、頸部腰部ヘルニア、五十肩(肩関節周囲炎)骨折、靭帯損傷などの各種整形外科疾患、COPDなどの呼吸器疾患、脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患を対象として、患者様一人一人の症状に合わせたリハビリテーションプログラムを立案し、実施しております。

いわゆる腰痛や膝痛などに対して運動療法、物理療法、日常生活動作指導、自主トレーニング指導を実施しています。慢性的な痛みの原因として実際のカラダの動きと自分が思っている動きのズレが痛みを引き起こすと言われています。自分が感じているカラダの動きと実際のカラダの動きを比べて、カラダのズレを自分で治していけるように訓練プログラムを構成しております。

外来リハビリの手順

外来受診で医師によりリハビリテーションが必要と判断された場合、リハビリテーションが処方され、実施できます。
完全予約制で各セラピストが個別に対応させて頂いています。

※ただし、受傷日や発症日から約半年経過するとリハビリテーションが実施できない場合があります。
※介護保険によるリハビリとの併用はできませんのでご注意ください。

リハビリテーション室