婦人科・更年期

婦人科・更年期

婦人科について

当院は子宮筋腫や子宮内膜症、良性卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープ、バルトリン腺嚢胞などの婦人科腫瘍性疾患が疑われる場合は、患者さんの日常生活に合わせて、薬物療法(低用量ピル・ディナゲスト・ミレーナ挿入等を最新の知見に基づいて決定)等による保存的療法から手術まで対応しています。また子宮脱にも保存的治療、手術治療を選択できるようにしています。性行為感染症も放置すると母子感染や不妊に影響することがあります。当院での治療は可能ですので受診ください。

左京区において婦人科手術を実施している数少ない施設となる当院では、麻酔科管理のもと負担の少ない腹腔鏡手術や膣式手術、子宮鏡下手術を取り入れています。内視鏡手術に関して詳しくはコチラを参照してください。
開腹手術の場合は皮膚横切開を主体とし、術後の美容面・疼痛への配慮を大切にしています。

子宮癌や卵巣癌などの悪性腫瘍が疑われる場合は、細胞診、組織検査の他、超音波検査、CT、MRI等の画像検査や腫瘍マーカー測定を行って診断し、進行がんに対する治療が必要な場合は適切な医療機関に紹介させていただいています。
なお患者様が迅速に適切な治療を受けられるように毎週月曜日には「婦人科腫瘍外来」を設けて、京都大学医学部附属病院と連携しています。

女性医学・更年期障害について

女性医学とは更年期障害のみならず閉経により引き起こされる骨粗鬆症、また月経不順、無月経など若年者を含めた女性の総合的な健康に関わる医学です。アスリートの無月経についての相談も受け入れております。

当科では、患者さんを慎重かつ適切に診察・検査を行い、女性ホルモンや漢方薬などを用いて最適な治療をおすすめしています。