産科・分娩

私達が考える お産・分娩とは

京都・左京区、北白川で安全なお産・自然なお産・自分らしいお産を

「安全なお産」のために私たちができること。

  • お産はすべてが安全であるとは限りません。満期で正常と思われていても、急変し、医療の介入が一定の割合で必要となります。だからこそ「安全なお産」のために私たちができることを考え準備しています。
  • 夜間でも産婦人科医2名が待機し(当直医1名と待機医1名)、分娩時の急変に対しても迅速に対応します。
  • 当院では、京都で最初の認可施設であるNICU(新生児集中治療室)を開設しており、リスクのある分娩や帝王切開時には、分娩時から小児科医が立会い、出生直後から診察・治療を行います。入院中の赤ちゃんの診察も小児科医が担当します。

「自然なお産」がなによりも大切だと考えています。

分娩は、助産師が主体となって担当します。自然なお産を大切にしていきたいと考えており、硬膜外無痛分娩は原則行っていません。産婦さんの状態によってやむを得ず医療的処置を行う必要があると判断した場合には、十分に説明し同意をいただいて行います。

「自分らしいお産」を…。

けっして受け身ではない「自分らしいお産」は最終的には自然でもっとも安全なお産であり、お母さんと赤ちゃんだけでなく、家族全員にとってもすばらしい出来事です。しかし、妊娠・出産は何かと不安やストレスも大きい10ヶ月です。
なんでも気楽に話し合うことで精神的にもサポートできるよう努力しています。
一人一人が十分に満足できる「安全第一のお産」を高度な周産期医療技術によって見守っていきたいと考えています。

 

ninpu_clinic_bnr_600x70