産科・分娩

帝王切開術について

安心で安全な「ステキな帝王切開術」を実践します。

「帝王切開術」に対して私たちができること。

  1. 夜間でも産婦人科医2名が待機し(当直医1名と待機医1名)、分娩時の急変に対しても迅速に対応します。また、麻酔科医が24時間対応し、安全な手術管理を行います。
  2. 当院では、京都で最初の認可施設であるNICU(新生児集中治療室)を開設しており、帝王切開時には必ず小児科医が立会い、出生直後から診察・治療を行います。入院中の赤ちゃんの診察も小児科医が担当します。

「帝王切開術」がステキな思い出になるように。

帝王切開術は「手術」にあたるものなので、お母さんも家族も「お産とは違う」不安があります。少しでもその「不安」を取り除き、「帝王切開術」をステキな思い出にできるように、医師・助産師・看護師、病棟・手術室が一丸となって様々な取り組みを行っております。

「ステキな帝王切開術」に対する取り組み、とは?

  1. 夫の立ち会い・・・当院は全国でもまだ少ない「帝王切開術の立ち会い」を実施しております(立ち会いの対象は夫のみです)。もちろん、お母さんや赤ちゃんの状況によっては立ち会いをできない場合もありますが「家族のステキな思い出」ができるよう、可能な限り対応しております。
  2. 手術室内の環境・・・手術室はとても緊張する空間です。お母さんの緊張はそのまま赤ちゃんの緊張につながります。少しでもその緊張を軽減できるように、お母さんのへの声かけはもちろん、手術室内では音楽を流し、リラックスしていただける様に工夫しております。また、赤ちゃんが生まれた瞬間はスタッフ一同「拍手」で喜びを共有させて頂きます。
  3. 写真撮影・・・本人持参のカメラがない場合は、当院で用意したカメラで赤ちゃんを撮影し、後日CD-Rでお渡しします(ただし、赤ちゃんに処置が必要な場合は撮影できない場合があります)。
  4. ご家族の待合・・・帝王切開術の場合、赤ちゃんのお兄ちゃんやお姉ちゃんもドキドキして待つことになります。その時間を少しでも楽しんでもらうために、手術室前には「ぬりえ」「折り紙」を用意し、少しのスペースですが「遊び場」も準備しております。お母さんもご家族の方にも安心して過ごしていただけるよう環境を整えています。