内視鏡室

よくあるご質問

Q1. 胃カメラはいつ行っても出来ますか?
A1.

基本的に予約の検査となりますが、緊急検査はこの限りではありません。

Q2. 胃カメラを上手に受けるコツはありますか?
A2.

肩と首の力を抜き、なるべく気持ちを楽にして行うのがコツです。
苦手な方は、鼻からや麻酔をして検査を行うことも出来ますので、担当医に相談して下さい。
但し、鎮静を用いた場合、当日は車の運転ができません。

Q3.鎮静下の内視鏡とはどのような検査ですか?
A3.

当院では、ご希望により検査の直前に点滴をとったうえで鎮静剤(ミダゾラム)を少量静脈注射して、不安を取り除き楽に検査を受けて頂けるようにしております。
この方法は意識を完全に失わせるものではなく、ぼんやりしながらも必要な受け答えはできるという状態を目標にしているもので意識下鎮静法と呼ばれます。
それでも、ほとんどの方が、いつのまにか検査が終わっていたと言われます。

Q4. ピロリ菌の検査は出来ますか?
A4.

内視鏡的に慢性胃炎が確認された患者さんが対象になります。
胃カメラ検査中に組織を採取して行う検査(迅速ウレアーゼ検査・培養検査・組織検鏡法)や内視鏡を使わない検査(尿素呼気検査・抗体検査など)があります。
状況によって使い分けが必要ですので担当医に相談してください。

Q5. 大腸カメラは痛みますか?
A5.

ほとんどの方は軽いお腹のはりや圧迫感程度で検査が可能です。
しかし、手術をしたことがある方や腸の長い方は痛みを強く感じることがあります。
ご希望の方には鎮静下での検査も可能ですので検査予約時に担当医と相談ください。

Q6. 検査が終わったらすぐに食事を摂ることは出来ますか?
A6.

胃カメラの場合、喉の麻酔をして検査を行います。
そのため、検査が終わっても1時間は食事を摂ることが出来ません。
また、生検(組織を取る検査)を行った患者さんは検査終了1時間後から飲水は可能ですが、食事を摂るのは2時間後からになります。
大腸カメラの場合、お腹の張りや痛みがなければ検査が終わってすぐに食事を摂っていただいてかまいません。

 
Q7. 胃・大腸にポリープがあった場合、すぐに切れますか?
A7.

ポリープの切除は内視鏡手術となるため、入院が必要です。
そのため、検査の場合日を改めて手術を行うこととなります。
(あらかじめ、入院前提で検査を予定することは可能ですので担当医にご相談ください。)

Q8. 検査結果はすぐにわかりますか?
A8.

生検(組織を採取して行う検査)検査を行った場合は、日を改めて外来で検査結果を説明しますが、基本的に当日結果を説明します。