内視鏡室

検診で便潜血検査が陽性になったら

Q1.便潜血検査ってどんな検査?
A1.

便の中に血液が混じっているかどうかを調べる検査です。

Q2.便潜血検査で陽性となる病気は?
A2.

がん、ポリープ、炎症性腸疾患、痔などがあります。便潜血検査陽性を指摘された場合、早めに 医療機関で二次精査を受診してください。

Q3.痔があり、そこから出血しているのは明らかな場合は?
A3.

痔からの出血でも便潜血検査が陽性となります。しかし、他の病気も存在していることも考えられ ますので、肛門と大腸を併せて診る必要があります。

Q4.便潜血検査2回法で、どちらか一方だけが、陽性であった場合は?
A4.

病変からの出血は、毎日あるとも限らず、確実に陽性になるわけではありません。少なくとも一方の 検体には、血液が混じっていたのですから病気があるかもしれないと考え、二次精査を受けるべきです。

Q5.検診で、便潜血検査陽性と判定されたが、後日便潜血検査を再検査し、陰性と判定されたら?
A5.

上にも書きましたが、たまたま、採取した日に出血がなかったからといって病気がないことには なりません。二次精査を受けることをお勧めします。

Q6.二次精査ってどんな検査をするの?
A6.

基本的には、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行い、全大腸の粘膜を直接観察して、病気の 有無を確認します。

Q7.下部消化管内視鏡検査を受けるには、どうしたらいいの?
A7.

当院では、まず消化器内科受診していただきます。医師の診察のうえ、検査予約・説明をさせて いただきます。内視鏡検査は前処置が必要なため受診当日の検査は出来ません。