消化器外科

診療内容

患者さんに負担の少ない手術を実践しています。

外科では、常勤医3名、非常勤医3名(京都大学外科)が診療にあたり、腹腔鏡手術を中心に、患者さんに安全で負担の少ない外科治療に努めています。特に消化器疾患(胃・大腸癌、胆嚢結石症、肛門疾患など)に実績があります。2014年4月からは、消化器センター外科外来を開設し、消化器センター内科とのチームで、消化器疾患の治療にあたっています。
外科の臓器別治療方針

外科手術の取り組み

脱腸(ヘルニア)・虫垂炎・胆のう結石症・胆嚢ポリープ
腹腔鏡手術により、患者さんの術後早期回復が可能です。腹腔鏡下胆のう摘出術では、原則として5日間の入院が必要です。

詳しくはこちら

胃癌・大腸癌
腹腔鏡手術を導入し、ストレスの少ない治療を行っています。

詳しくはこちら

肝臓・膵臓・胆道の進行癌
消化器センター内科と連携し患者さんの状態に応じた、(術前)化学療法、手術、放射線療法(京都大学放射線治療科との共同治療)など集学的な癌治療を行っています。

詳しくはこちら

肛門疾患(内痔核・外痔核・痔ろう・裂肛)
疾患の状態に応じて、外来での治療から手術までご希望に沿う治療を行います。女性医師による治療も可能です。

ドクターがお答えします

単孔式腹腔鏡手術(SILS)ってなに?
1990年台より胆嚢摘出術は腹腔鏡下での手術が主流となってきました。多くの腹腔鏡下胆嚢摘出術は腹部に3~4ヶ所の孔を開けて手術操作を行いますが、近年さらなる低侵襲を目指した手術方法が開発されてきました。 単孔式腹腔鏡手術(SILS)とはSingle Incision Laparoscopic Surgeryの略語で、臍に1ヶ所の孔をあけ、その孔だけで腹腔鏡下の手術を行う方法です。3~4ヶ所に孔をあける従来の腹腔鏡下手術と比べて、傷口が1ヶ所のため美容上優れています。手術痕はほとんど目立たず、傷口の痛みも軽度です。 その反面、手術操作が制限されるために高度な技術と手術の慣れ(手術経験)が必要とされます。 当科でもSILSによる胆嚢摘出術を導入し、順調に症例を蓄積しております。また、虫垂炎や早期大腸癌に対しても適応を拡大しており、好評を得ております。

詳しくはこちら

最新の直腸がん手術について

直腸は、食物の通り道である消化管の最後の部位で、肛門のすぐ口側にあります。癌を治すための手術では、癌の周囲の正常部分を含めて切除しますので、直腸癌が肛門の近くに出来た場合、直腸と肛門を一緒に切除して永久的な人工肛門を作る直腸切断術が、長い間、直腸癌に対する根治的標準術式とされてきました。近年、手術術式の工夫により,1980年代後半から下部直腸癌に対しても,肛門温存術式が広く採用されるようになりました。すなわち、肛門の近くで腸と腸をつなぎ合わせる操作を、自動吻合器という手術機器を使って安全に行えるようになったことで、現在では,進行癌でその腫瘍下縁と肛門縁との距離がわずか5~6センチの症例に対しても,肛門温存術式が標準術式となりました。また、切除病理標本の詳細な検討の結果、直腸癌では病巣から2cm以上離れた肛門側まで、癌細胞が広がることは殆どないことがわかってきました。最近では、肛門のすぐ近くにできた癌であっても、比較的早い時期のものや進行例であっても放射線化学療法後であれば、肛門括約筋(肛門を締める筋肉)を部分的に切除したうえで腸と肛門を縫合し、肛門から排便する機能を温存する技術も発達し、当科でも積極的に導入しています。

詳しくはこちら