消化器外科

良性胆道疾患の治療

胆石症、胆嚢ポリープに対しては、腹腔鏡下胆嚢摘出術を第一選択に、侵襲の少ない手術を行っています。さらに低侵襲手術である単孔式胆嚢摘出術(SILS)も、適応があれば積極的に導入しています。しかしながら、重症な胆石症や胆嚢炎症例、総胆管結石症に対しては、腹腔鏡下手術のみならず、開腹術から腹腔鏡下胆嚢摘出術と内視鏡的括約切開・載石術までの幅広い選択肢を提示して、安全な手術を選んでいただけるよう心がけています。

腹腔鏡下胆嚢摘出術について