ICT

ICT

全職員が感染対策を取り組みます。

日本バプテスト病院では、院内感染防止を目的とした以下の取り組みを実施しています。

感染防止対策部門を設置しています

月に1回感染防止委員会を開催して各部門の感染防止対策について評価・検討を行っています。また、厚生労働省や医師会から得た感染症関連の情報を共有しています。

感染対策チームを組織して、感染防止に関わる日常業務を行っています

感染対策チームには医師3名、看護師2名、薬剤師1名、臨床検査技師2名が参加しています。週に1回病院を回診し、改善点を検討しています。

最新のエビデンス(根拠)に基づいた独自の感染防止対策マニュアルを各部署に配置し、内容を共有しています

感染対策チームの4職種がそれぞれ感染症や抗菌薬についての最新の知見を学会や研修会で学んでいます。その知見をマニュアル作成に生かし、定期的にアップデートしています。また、マニュアルは電子カルテ上で職員がいつでも確認できるようになっています。

全職員とした院内感染対策研修を、年2回以上実施しています

外部講師を招くなど様々なテーマで講習会を開催し、全職員が参加できるように工夫しています。ニュースレターや緊急メールで院内感染に関する情報を共有しています。

院内の抗菌薬の適性使用を監視するための体制を有しています

主に感染対策チームの医師と薬剤師が抗菌薬の使用状況を監視し、主治医に適宜助言を行っています。

多剤耐性菌を常に監視しています

耐性菌の情報を検査室から感染対策チームで共有しています。

ワクチンプログラムを推進しています

日本環境感染学会のガイドラインで示された水痘・麻疹・風疹・ムンプスなどの感染防止のため、ワクチンプログラムを積極的に進めています。