産婦人科における新型コロナウイルス情報と外来対策

産婦人科における新型コロナウイルス情報と外来対策

新型コロナウイルスの妊婦さん・赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に新型コロナウイルスに感染しても、基礎疾患を持たない場合、その経過は同年代の妊娠していない女性と変わらないとされています。しかし、妊娠後期に感染すると、早産率が高まり、患者本人も一部は重症化することが報告させています。
高年齢での妊娠、肥満、高血圧、糖尿病などが新型コロナウイルス感染症の重症化のリスク因子であるという報告もあります。

新型コロナウイルスに感染した妊婦から胎児への感染はまれだと考えらえています。 妊娠初期または中期に新型コロナウイルスに感染した場合に、ウイルスが原因で胎児に先天異常が引き起こされる可能性は低いとされています。

新型コロナウイルスワクチンについて

妊娠中や授乳中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されているワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。 妊娠中の時期を問わず接種をお勧めします。夫またはパートナーの方もぜひ接種をお願いします。

外来や病棟での感染予防について

外来では定期的に換気、消毒を行っています。 感染が蔓延している時期には、原則お一人での受診をお願いしています。

入院中のご家族様の面会はできません。
分娩時の立ち合いについては、お一人のみとさせていただいています。
しかし、感染の蔓延時には立ち合いを禁止させていただく場合があります。

PCR検査について

当院でご出産予定のすべての妊婦さんに、PCR検査を受けていただくことをお願いしています。京都府では妊婦さんのPCR検査費用の助成制度があり、検査にかかる費用の自己負担はありません。京都府以外にお住まいの方は、各自治体の制度をご確認ください。

検査時期:妊娠38週前後の妊婦健診時および入院時
検査方法:鼻腔咽頭粘液採取。

※上記の検査は、感染状況の変化により予告なく変更される可能性があります。ご了承ください。

 

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。(2022/01/25)