セクション紹介

療養棟

医師・薬剤師・看護師・介護福祉士・管理栄養士・理学療法士・作業療法士等の連携のもとに、自立支援に向けてのサービスを提供しています。
そして少しでも利用者様がご家庭で生活できるように支援しています。


医務部

医務部医務部では入所された方の健康を維持するための対応を行っています。看護師はいつも健康のチェックを行っていますが、風邪症状や腹痛などの異常があれば医師が速やかに診察を行い必要な薬の処方を行います。通所リハビリにおいても異常があれば医師が診察を行います。必要に応じて日本バプテスト病院を受診します。病院は救急部があり24時間対応です。薬剤師が内服薬や外用薬が適切に使用されるよう管理し、副作用などのチェックを行っています。


看護・介護部

看護部私たち看護部はさまざまな経歴を生かし、デイケア、ショートステイ、入所サービスご利用者様の疾病予防や異常の早期発見に努め、健康管理のお手伝いをさせていただいています。利用者様一人ひとりがその人らしく健康的な生活が整えられるように、細やかな関わりを大切にしています。


介護部日々の関わりのなかで、人生の先輩であるご利用者様やご家族様に教わることも多く、何より皆様の笑顔からたくさんの元気をいただいています。これからも皆様が健康で笑顔でよりよい人生を送られますよう、スタッフ一同心を合わせて努めて参りたいと思います。


栄養課

医務部高齢者の低栄養の危険をご存知でしょうか? 食事は献立を考え、必要な物を買いに出かけ火を使うなりして調理してやっと口に入ります。一日三食食べることはなかなか大変なことです。動いていないからと食事を減らしてしまい段々と体力が衰え、病気になりやすくなり自分のことが自分でできなくなってしまいます。しっかりと食事をとって頂けるような工夫した食事を提供いたします。


リハビリテーション

リハビリテーション当施設では入所、通所ともに利用者の方が自分らしく生活できることを目指しています。リハビリテーションスタッフが個々に応じて起き上がりや立ち座り、歩く、着替えやトイレ動作などの日常生活に係る動作の練習を行なっています。また、意欲を引き出すために作品づくりなどの活動も行なっています。生活の中で動きやすく転ばない環境づくりのアドバイスや、リハビリテーションをご自宅での生活に活かすための訪問も積極的に行なっています。


事務部

事務部事務部での業務内容は介護請求事務全般の他、受付・電話対応・書類整理・パソコン入力・施設行事案内・庶務など様々な業務を行っています。
また、ご本人様やご家族の方と受付や電話にて一番最初に接する重要な部署であると認識しています。
そのため施設の顔として日々接遇やマナーには気をつけるよう努力しています。


通所リハビリテーション

通所リハビリテーション通所リハビリテーションの1日を紹介します。8時30分から4台の施設リフト車で順番にご自宅までお迎えに行きます。施設到着後、バイタルチェックを実施し、入浴開始します(9時45分〜12時頃)。昼食の後はトイレ誘導や、利用者さん同士でだんしょうされています。13時頃からリハビリ・レクリエーションが始まります。15時からおやつで、その後は帰られる準備(トイレ誘導や上着着用)です。15時30分から順番に施設車でお送りします。


バプテスト老人保健施設支援相談室

バプテスト老人保健施設支援相談室 支援相談室では、入所や短期入所(ショートステイ)、通所(デイケア)をご希望の方への利用相談をはじめ、利用面接からその調整、その後の療養中の生活相談、これからの生活環境など、ご本人やご家族が安心して施設を利用し、可能な限り在宅生活を継続していただくための地域との橋渡しの役目を担っています。