泌尿器科

診療内容

尿路・男性生殖器の病気を対象に、患者さんの立場に立った診療を心がけています。

泌尿器科ではいわゆる「尿路」と男性生殖器を主に診ます。副腎、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣などが関係する臓器です。

泌尿器科でよくみられる病気

膀胱炎
泌尿器科で最も多い病気です。特に女性は一生の間に2、3回はかかるといわれています。頻尿・排尿痛・血尿がその3大症状です。
前立腺肥大症
50歳以上の男性の病気です。夜間頻尿、尿の出が悪い、尿がとぎれるなどの症状をきたします。良性の疾患の一つ。
前立腺癌
50歳以上の男性の疾患で、症状は前立腺肥大症とほとんど同じです。健診や近所の開業医でPSA(前立腺特異抗原)の血液検査を年2回受けられることをお勧めします。4以下が正常、4~10がグレーゾーン、10以上は癌が疑われます。
血尿
健診で20%のヒトが血尿(+)です。ほとんどの場合原因不明で特に心配はいらないのですが、時々結石症や尿路がんの症状として出る場合があるので、要注意です。健診で「血尿」と言われたら、念のため泌尿器科を受診してください。

金曜日の泌尿器科の外来は予約優先で行っております。予約外の方の待ち時間は大変長くなっております。また、予約の上、後日の受診をお願いすることがありますのでご了承ください。

ドクターがお答えします

頻尿は放っておいても大丈夫でしょうか?

頻尿は前立腺肥大症、膀胱炎、神経性頻尿などの症状のひとつです。いつもより排尿の回数が多いと感じたら泌尿器科を受診してください。