内視鏡室

大腸カメラ:院内で前処置を行う方

検査前

  1. 検査前日は消化のよい食事を食べていただくか、検査食(クリアスルーJB)を売店にて購入し食べてください。
  2. 20時以降は食べ物を摂らないでください。水・お茶は適宜飲んでいただいてかまいません。
  3. 就寝前(およそ21時)に、事前にお渡ししたマグコロールPとプルセニド2錠を指示に従って飲んで下さい。

検査当日

  1. 朝食は食べないでください。(水・お茶の摂取はかまいません。)
  2. 心臓病・血圧・喘息・精神科などの薬を服用されている方は7時前に飲んで下さい。
    糖尿病の薬の服用・インスリンの使用はしないでください
  3. 8時50分までに1階で受付を済ませて内視鏡室までお越しください。
  4. 鎮静を希望される方は、車・バイク・自転車での来院はご遠慮ください。

来院後

  1. 内視鏡室にて、午前中に大腸をきれいにする下剤(ニフレック2㍑)を約2時間かけて飲んでいただきます。
  2. 便がきれいになったら看護師が観便し前処置の状態を確認します。
  3. 検査は13時頃から排便状況の確認が出来た順番に行います。担当医や処置の状況により検査の順番が前後する事がありますがご了承下さい。
  4. 検査時は検査着・検査用パンツにはき替えていただきます。
  5. 鎮静を希望される方は点滴のルートを確保します。
  6. 腸管の運動を抑える薬(鎮痙剤)を肩に注射することがあります。
  7. 検査時間は個人によって異なりますが30分前後です。処置を行う場合はそれ以上に時間がかかる場合があります。

検査後

  1. 検査が終了すれば、お腹の痛みや張りがなければ食事を摂っていただいてかまいません。
  2. 鎮痙剤を使用した場合、薬の副作用で一時的に目が見えにくくなる場合があります。車の運転は少なくとも30分以上控えて下さい。
  3. 鎮静をされた方は、検査終了後も点滴が終わるまで安静にしていただきます。また、当日は車や自転車の運転は出来ませんのでご注意ください。