看護管理部

看護管理部

看護管理部は、2003年1月、医療団各事業体の人事を含む看護業務の全体的管理運営、看護教育を統括し継続教育の充実を図ることを目的として設置されました。

【看護管理部の基本方針】

医療団の理念(病院の理念)に沿い、各事業体の看護・介護職がそれぞれの専門職能を発揮して、Evidenceに基づいたTender  loving careが実践できるように支援します。

 

【看護管理部の期待される看護師像】(2017年3月作成)

1.基本理念である全人医療を理解し、実践できる。

2.他者を思いやる豊かな人間性と高い倫理性を備えている。

3.ケアの受け手を生活者としてとらえ、暮らしをまもり支える看護ができる。 

4.専門職として自己研鑽し、他者と共に成長できる。

5.多職種と協働し、看護の専門性を発揮できる。

6.医療団の担う役割を理解し、地域医療に貢献できる。

 

【看護管理部の期待される介護士像】

1.基本理念である全人介護を理解し、実践できる。

2.他者を思いやる豊かな人間性と高い倫理性を備えている。

3.ケアの受け手を生活者としてとらえ、暮らしをまもり支える介護ができる。 

4.専門職として自己研鑽し、他者と共に成長できる。

5.多職種と協働し、介護の専門性を発揮できる。

6.所属する事業体の担う役割を理解し、地域医療介護に貢献できる。

 

当医療団は、左京区を中心に、安全で質の高い急性期医療の提供を目指している病院、老人保健施設、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所を有しており、今後もさらに地域における役割期待も大きくなっていくと考えます。看護職は、高齢化の進展に伴い複雑な状況の患者に対する医療と生活の両方の視点を持ち、短期間での集中的な入院医療と、患者および利用者がその人らしく住み慣れた地域で暮らし続けることを支える役割を担っています。

いわゆる団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年まで残り4年と迫り、地域包括ケアシステムの構築などが順調に進む中、今般では現役世代が減少し、高齢者数がピークを迎えると推計される2040年を見据えた生産性の向上や働き方改革など、新たな改革が動き出してきています。

看護管理部では、2016年度に日本看護協会の「看護師のクリニカルラダー」を活用し、基礎看護教育を終えた新人看護職や、バプテスト病院へ入職するまでに様々な教育背景を持ちキャリアを積み重ねてきた看護職が、全人医療の理念に基づいた看護の実践ができ、全人医療の推進者となるために、段階的に到達すべき行動指標を示したものとして「日本バプテスト病院看護職のキャリア開発ラダー」を作成しました。このキャリア開発ラダーを導入し今年で5年目を迎えます。
また、2020年度に日本看護協会の「病院看護管理者のマネジメントラダー」を参考に、看護管理に関する体系的な知識と技術を示す指標となる「日本バプテスト病院マネジメントラダー」を作成しました。今年度より運用に取り組みますが、これらラダーの活用がより推進され、共に成長し合える職場風土を作り、全人医療を実現する組織として発展することを期待しています。

医療介護を取り巻く環境は厳しく大きく変化する中で、暮らしと医療を支える看護の果たす役割も拡大・多様化してきます。今後も看護および介護の質の向上を図り、事業体間の協力体制を強化し、地域で信頼される組織として役割を果たしていきたいと考えます。

【看護管理部の中期的将来構想の策定】

医療団で働く職員の一人ひとりは、医療団にとってかけがえのない財産です。管理者には、それぞれが持つ力を高め、その力を発揮することのできる環境をつくることが求められます。組織は一人では成し得ないことをやり遂げるために、同じ志を持った人が集まり、協働して目標を達成しようとするものです。医療団の理念である全人医療の実践を目指し、看護管理部の中期的将来構想を策定し、以下のように図式化しました。

1)「管理体制の強化」「継続教育の充実」および「キャリア開発支援」関する課題に取り組むための計画を立案しました。まずは、継続教育担当者を中心に、教育目標、指導体制、院内研修を見直し、継続教育の充実を図ります。管理者を含めた看護・介護職の中期的な人材育成計画を立て、部署運営の要である師長を支援します。ケアの実践者および管理者のキャリアパスを作成し、キャリア開発ラダーを見直し、各自が自身の将来を描き、目標に向かって計画的に取り組めるようキャリア開発を推進します。

2)組織のライン機能を強化し、目標管理者を充実させることにより、それぞれの実践力が向上し、動機づけ・やりがいに繋がり、働きやすい職場環境をつくります。

3)そして、人員確保・定着が安定することにより、安全で質の高いケアを提供することができ、職員が共に育ち成長を続ける組織になっていくことで、医療団のビジョンの達成という成果を導きます。


看護管理部中期的将来構想