消化器外科

診療内容

患者さんに負担の少ない手術を実践しています。

外科では、常勤医2名、非常勤医1名(京都大学 肝胆膵移植外科)が診療にあたり、腹腔鏡手術を中心に、患者さんに安全で負担の少ない外科治療に努めています。特に消化器疾患(胃・大腸癌、胆嚢結石症、肛門疾患など)に実績があります。2014年4月からは、消化器センター外科外来を開設し、消化器センター内科とのチームで、消化器疾患の治療にあたっています。

外科の臓器別治療方針

外科手術の取り組み

脱腸(ヘルニア)・虫垂炎・胆のう結石症・胆嚢ポリープ
腹腔鏡手術により、患者さんの術後早期回復が可能です。腹腔鏡下胆のう摘出術では、原則として5日間の入院が必要です。

詳しくはこちら

胃癌・大腸癌
腹腔鏡手術を導入し、ストレスの少ない治療を行っています。

詳しくはこちら

肝臓・膵臓・胆道の進行癌
消化器センター内科と連携し患者さんの状態に応じた、(術前)化学療法、手術、放射線療法(京都大学放射線治療科との共同治療)など集学的な癌治療を行っています。

詳しくはこちら

肛門疾患(内痔核・外痔核・痔ろう・裂肛)
疾患の状態に応じて、外来での治療から手術までご希望に沿う治療を行います。女性医師による治療も可能です。

詳しくはこちら