子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチンについて

sample

子宮頸がんとは

子宮頸がん
日本産科婦人科学会HPより

子宮下部の管状の部分を子宮頸部と呼び、その部位に生じるがんを子宮頸がんといいます。最近は20~30歳代の若い女性に増えてきており、30歳代後半がピークとなっています。国内では、毎年約1万人の女性が子宮頸がんにかかり約3000人が死亡しており、2000年以後は患者数も死亡率も増加しています。

子宮頸がんの原因は、性的接触によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)です。性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされています。子宮頸がんだけでなく、腟がん、肛門癌や尖圭コンジローマなどの発生に関わっています。HPV に感染してもほとんどの場合は自然に消失しますが、一部では感染が持続して「前がん病変」となり、がんへと進みます。そのため、初めての性交渉を経験する前の10歳代前半でワクチンを受けてウイルスの感染を防げば、子宮頸がんを防ぐことができます。

子宮頸がんワクチンについて

現在当院で接種できるワクチンは以下の2種類です。

ガーダシル®(4価) シルガード9®(9価)
対象 9歳以上の女性、男性 9歳以上の女性
予防できる疾患 子宮頸がんとその前駆病変
尖圭コンジローマ
その他、外陰部や腟などのHPV関連病変
料金(1回あたり) 17,320円(税込み) 29,700円(税込み)
公費補助 あり(小学6年生~高校1年生) なし
その他 全例登録が必要

QRコード

*厚生労働省の指示により全例登録を行うワクチンです。そのためのシステムである「ワクチンQダイアリー」への登録が必要です
初回接種の方は事前に「ワクチンQダイアリー」にアクセスし、スマートフォンかタブレット端末で「新規登録」を行ってください。
接種時は毎回スマートフォンかタブレット端末をご持参ください。

ワクチンQダイアリー

ワクチンの接種方法

筋肉注射で、合計3回の接種が必要です。標準的な接種期間は以下の通りです。
やむを得ずこの期間から外れてしまう場合はご相談ください。

ワクチンの接種方法

HPVワクチンの接種により子宮頸がんのすべてを予防できるわけではありません。
定期的な子宮頸がん検診を受け早期発見につなげることが重要です。

ワクチンの副反応