看護部

各部署紹介

5階東 / ホスピス緩和ケア病棟

5階東 / ホスピス緩和ケア病棟

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。 症状コントロールを図りながら、音楽療法やアロマセラピー・ドックセラピーなど、様々な生活を潤すケアを多職種・ボランティアの方々と協働し取り組んでいます。 「ケア」は「こころをかける」と和訳されたことがありました。 5階東病棟は緩和ケアの専門病棟として、「こころをかける」ことを忘れずに、いつも患者さんの傍にいます。

5階西 / 地域包括ケア病棟

私たちの病棟は、地域包括ケア病棟です。 ご入院中、安心して過ごしていただけるよう、退院後は、住み慣れた環境で過ごしていただけるよう、地域社会と連携し「生活の場」を整えていくことが目標です。 今年度の病棟の標語を「安全・丁寧・確実」とし、看護職一人ひとりが考え行動する看護、患者やそのご家族一人ひとりと向き合い生きる力を引き出す看護を目指しています。 患者やそのご家族の思いを尊重し実現できるよう目指す看護を追求している病棟、また、多職種協働のもと、職員それぞれの信頼に基づき自由に意見交換ができるアットホームで笑顔にあふれた病棟です。

4階東 / 一般病棟(急性期外科系)

病床数40床(無菌室1床含む) 診療科は外科・整形外科・消化器内科となっています。 外科的治療や化学療法・内科的消化器治療を受ける患者さんが中心です。 医師・看護師をはじめ薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語療法士、社会福祉士など、様々な専門職が連携しながら、個々の患者さんに対し入院から退院まで支援を行っています。常、看護の質向上を目指してOJTやミニ勉強会を実施し、全員で学習に取り組み、個々のスキルや知識の向上を目指しています。スタッフが自分たちで考え、より良い看護が出来るように研鑽しています。

4階西 / 一般病棟(急性期内科系)

急性期の一般内科疾患の患者さんを対象としていますが、血液内科、糖尿病教育入院も多く入院しています。 そのためクリーンルーム、陰圧室を設けており、感染に対する知識を含め、一般的な内科疾患についても基礎から学ぶことができる病棟です。認定看護師も2名在籍しており、教育にも力を入れています。入退院も多く忙しい毎日ですが、幅広い看護が求められ、スタッフ全員が学ぶ姿勢を大切にしています。

3階東 / 周産期・小児科

産婦人科・小児科等の病棟です。助産師の専門性を活かした助産師外来、マタニティヨガ、母親教室を通じて、安全なお産に取り組んでいる他、産後も母乳外来、2ヶ月検診を行い、産前産後の一貫したケアを実現しています。また、同じフロアにあるNICUのスタッフと連携し、他施設からの緊急の母体搬送やハイリスクの妊婦さんを受け入れ、地域の周産期医療の充実に努めています。

NICU

NICU病棟では、小さな赤ちゃんのサインを的確に受け取り、ケアを提供できるように心がけています。赤ちゃんの成長・発達に応じてご家族が主体的に触れ合いや育児に取り組めるように、家族ケアにも力を入れています。 また、当院は新生児搬送用の保育器を有しており、地域に根差した周産期医療の提供に努めています。

HCU

HCUでは、重症・術直後の患者さんのケアにあたっています。日々患者さんの状態が変化する中で、私達にできる精一杯の看護を行なっていますが、患者さん自身の生きる強さを教えられています。その一番つらい時期を共に乗り越えた喜びが原動力となっています。

外来

内科系・整形外科・小児科など様々な外来診察室をはじめ、外来化学療法室を包括し、運営を行なっています。看護師は「がん化学療法看護認定看護師」を始め、さまざまな役割をそれぞれが担い活躍しています。また、CART療法や顆粒球吸着療法を外来で行い、入院から外来へとシフトし、患者さんのQOLが向上するよう積極的に努めています。

消化器センター

消化器センターは2階フロアにある「消化器内科外来」「消化器外科外来」「内視鏡室」、そして地下1階にある「放射線室」を含む管轄を総称しています。外来看護と内視鏡看護、そして放射線室での看護と、さまざまなスキルを必要とする部署です!

手術室

手術室

手術室は3室あり、手術件数は年間約450例、外科・産婦人科・婦人科の手術を行っています。 外科では腹腔鏡手術全般・乳がん手術等、産婦人科では低出生体重児をふくむ帝王切開術、婦人科手術では最近腹腔鏡手術が増加してきました。 患者さんが不安なく、安全に手術が行われるように、全症例に対して術前訪問と術後訪問を実施し、少数精鋭ながら最高のチーム医療ができるように日々取り組んでいます。