看護部

キャリアサポート

看護部の教育理念

看護部の理念に基づき、全人医療が実践できる看護職の能力開発を支援する。

看護部の教育方針

1.全人医療の実践者を育成する。
2.キャリア開発ラダーを推進し、個々のキャリア発達を支援する。
3.医療団全体および地域の中で活躍できる人材を育成する。
4.共に育ち成長を続ける組織風土をつくる。

現任教育について

看護部の教育理念・年間目標に基づき、看護部教育委員会が中心となって年間の教育プログラムを組み立てています。

キャリア開発ラダー 各レベル到達目標

バプテスト病院へ入職するまでに様々な教育背景を持ちキャリアを積み重ねてきた看護職が、全人医療の理念に基づいた急性期看護の実践が段階的に行えるよう、到達目標と行動指標行動指標を示しています。

キャリア開発ラダー

その他の院内教育

医療団研究発表会

全事業体の研究発表会を年1回開催

看護管理部医療団内研修制度

看護管理部伝達講習会

個人の院外研修での学びを全事業体の看護・介護職および他職種に伝達することで、その学びを共有する

各委員会主催の集合教育

医療安全委員会・感染委員会など院内の委員会が主催となって研修会を開催

地域医療介護支援センター勉強会

新人看護職 年間教育計画

地域の急性期医療を担う看護専門職者としての実践力・自己研鑽力を育む教育プログラムを準備しています。 新人Nsが迷うことなく段階的に成長できるよう職員全員でサポートします。

新人Nsの【月ごとの到達目標】一例

img_education3_01

新人看護職 研修プログラム

臨床から求められている臨床実践能力と看護基礎教育で習得する看護実践能力との間に生じる乖離を埋め、新人看護職がゆっくりと着実に力を習得するための教育ツール、また、その教育に携わる担当者が新人と同じ足並みで進むためのツールとして活用しています。

集合研修 OJT
4 新入職オリエンテーション ・酸素療法
・吸引
・自部署の代表的疾患の看護展開シミュレーション

5 セルフマネジメント
6 フィジカルアセスメント:呼吸循環
7 医療安全
8 フィジカルアセスメント:消化器・中枢神経
9 6ヶ月振り返り
10 多重課題 ・自部署の代表的疾患の看護展開シミュレーション
・急変時対応(BLS含む)
11 ストレスマネジメント
12 フィジカルアセスメント:栄養・代謝
1  
2 1年振り返り 1年間の看護体験
リフレクション
3 ラダーⅠ認定申請  

2021年度 年間研修計画

新人看護職の成長を支える組織体制

「新人看護職員研修ガイドライン 改訂版(厚生労働省,2014)」の基本的考え方に基づいた組織体制

パートナーシップとエルダー制を組み合わせて、新人教育担当者だけではなく、部署スタッフ全員で新人看護職を支援します。